日頃から訓練を!避難勧告時の避難方法

あなたはどうする!災害時の対応方法

地震多発国「日本」

内閣府の防災白書にも記されている通り、「日本」という豊かな自然や春夏秋冬の四季のある土地で過ごす私たちは、その四季折々の豊かさを享受する反面、その雄大な自然の猛威にふるわれ、一年をとおして数多くの災害に直面しています。
ここ数年では、大規模な大地震が数多くを起こり、被災した地域に甚大な被害を及ぼしていることは皆さんもご存じでしょう。
近々では、西日本での想像を絶する豪雨によって多くの命が奪われました。
加えて、被害にあった地域をもともとの形に戻すことが、多くの時間と苦労を必要とするかも、ご存じだと思います。
しかし、自然災害はある程度の予測は出来ても、100パーセント確実な情報を予測することは、現状の科学ではできないのが事実です。
なので、私たち日本人はこの場所に住む以上は多くの災害と向き合い、被害を最小限に抑え、乗り越えていかなければならないのです。
そのためには、私たち個人個人が多種多様な災害に関して理解し、そのうえで被害を最小限に食い止めるための予防策や対応方法を学んでいかなければなりません。

今回本ページでは、数ある災害の中から国内で甚大な被害を及ぼした「地震」、「大雨」、「火山噴火」の3つに関して起こりうる被害や対応策などを説明していきたいと思います。
是非皆さんには最後まで目を通して頂き、実際に災害に出くわしてしまったときに本ページの内容を思いだし、落ち着いて的確な対応をして頂きたいと思います。

TOPへ戻る